2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

黒戸尾根

1 :底名無し沼さん:2006/05/12(金) 23:56:30
さぁ〜第二段

2 :底名無し沼さん:2006/05/13(土) 00:02:56
何で落ちたんだろうね。
俺がせっせと保守してたんだけどね。
やっぱりこの古さが原因かな?

1 :名無し :2001/08/17(金) 01:58



3 :底名無し沼さん:2006/05/13(土) 01:46:00
黒戸尾根キター

4 :底名無し沼さん:2006/05/13(土) 18:30:40
連休に行った人いる?

5 :底名無し沼さん:2006/05/14(日) 22:46:23
5月に行くと言ってた人
もう帰ってきた?
どうでした。

6 :底名無し沼さん:2006/05/20(土) 18:41:45
五合目の小屋は泊まれますか

7 :底名無し沼さん:2006/05/20(土) 18:47:19
泊まれません

8 :底名無し沼さん:2006/05/20(土) 19:18:18
5合手前もダメになりましたか。
あそこホームレスも住んでたんだけどね。

9 :底名無し沼さん:2006/05/21(日) 17:34:13
軽アイゼンなしで頂上までいけるのはいつ?

10 :底名無し沼さん:2006/05/21(日) 18:30:14
今年は行くか。

11 :底名無し沼さん:2006/05/21(日) 21:00:55
6月だろう。
今年は中旬以降かな

12 :底名無し沼さん:2006/05/23(火) 22:28:19
だな。今年の梅雨は長そうな予感。雪も流されるだろう。

13 :底名無し沼さん:2006/06/02(金) 19:57:44
東工大教授が先月末に遺体で発見されたそうですが
どこで見付かったんですか?

去年黒戸を登ってたときに
上空でさかんにヘリが捜してました。

14 :底名無し沼さん:2006/06/03(土) 11:25:49
誰か小屋番さんに教授の発見場所聞いて来いよ。
18時山頂でその後どうなったか気になる行方。
ダイレクトコースかマリシテンコースか?
6ポウ石までは降りたのか、
はたまた鋸方面に迷い込んだのか?


15 :底名無し沼さん:2006/06/03(土) 20:53:05
クロウト尾根は素人が登っても大丈夫ですか?

16 :底名無し沼さん:2006/06/04(日) 08:41:18
僕も来週テント泊で行く予定です。今年初登山です。

17 :底名無し沼さん:2006/06/04(日) 18:50:05
>>7
泊まれないっていうのはもう倒壊してるってことですか?
3年前に行ったときは傾きつつも建っていたような・・・

18 :底名無し沼さん:2006/06/05(月) 18:22:35
昨夏に通過したけど傾いていて入口に使用禁止のテープが貼ってあった。
今はどうなってるかは知らない。七合目の小屋まで行ったほうが吉。
ちなみに8合目の鳥居は崩壊してた。

19 :底名無し沼さん:2006/06/06(火) 20:39:01
週末行くけど七丈小屋って主人常駐してんの?
それからテント場って雪あんの?
電話しても職員ぜんぜんわからないんだもん・・・

20 :底名無し沼さん:2006/06/06(火) 20:53:52
常駐してます。が、変り者。小屋泊りなら電話しといた方がいいよ。そして、この時期雪はあてにしないほうがいいです。あってもあまりきれいじゃない

21 :底名無し沼さん:2006/06/07(水) 12:46:43
電話するとたぶん怒られると思うよ。
北杜町の役場の観光課に問い合わせるのが正解。
小屋にも電話があるらしいけど
それは緊急連絡にしか使わないと前に小屋番サンが言ってた。

22 :底名無し沼さん:2006/06/07(水) 18:28:52
でも役場の職員じゃ全く要領得ないよ。
僕はそんなにクロウトじゃないので、
テント場に雪があるのか?
水は小屋で確保できるのか?
軽アイゼンがあれば頂上まで登れるのか?
小屋でビール買えるのか?
それだけわかればいいです。
ちなみに今度の土日。

23 :底名無し沼さん:2006/06/07(水) 20:08:51
少しは自分で調べろ。それが出来ないなら行くな。過去の山行記録を見るとか、いろいろ方法はある。こんな不確かなところの情報で間違ってたら目も当てられない。

24 :底名無し沼さん:2006/06/07(水) 23:19:44
小屋でビール買えるよ。よく冷えてる。

25 :底名無し沼さん:2006/06/07(水) 23:34:25
>>22
この時期まだ凍ってて水場出てないかもね。毎年6月中旬以降なら
出てるけど。ただ近田春夫似の小屋番が冬季もたっぷりやかんに
お湯ためているのでたくさん分けてくれますよ。

26 :底名無し沼さん:2006/06/08(木) 21:13:02
>23
テメー誰に向かって口きいてんだ!
22の文章をよく読んでみろ!
自分でいろいろ調べた上で尚且つ、この掲示板で聞いて情報得ようと思ってるんじゃねーか!
いろいろ聞いたり、情報を教えあったりするのがこの掲示板の意味じゃねーのか!このクズが


27 :底名無し沼さん:2006/06/08(木) 21:49:45
週末は低気圧が抜けて一時的に天気良さそうだね、気をつけて

28 :底名無し沼さん:2006/06/08(木) 23:18:48
やまけいの週報だとあっち側は大丈夫みたいだね。

http://www.yamakei.co.jp/dsn/hotline/sangaku/sangaku-top.html#tyunan

29 :底名無し沼さん:2006/06/13(火) 10:24:41
>>23
少なくとも、山やっていて黒戸に行こうというレベルなら、
程度の情報は自分で調べて当たり前。
アマちゃんが、ガチャガチャ言うんじゃない。
すっこでろ!!

30 :底名無し沼さん:2006/06/13(火) 12:22:01
? ? ?

31 :底名無し沼さん:2006/06/13(火) 12:30:25
自分で調べる範囲にネット掲示板で収集すると言う項目も入るんじゃないかな。
つい最近登った奴の情報は貴重だぞ。
まあこの掲示板の情報の確度をどう想定するかは
あんまり使いなれない言葉なのでこっぱずかしいが
そいつのメディアリテラシーとか言うやつじゃないか?
このスレ住人は悪意あるほら吹きはいないと思うけどね。


32 :底名無し沼さん:2006/06/13(火) 19:18:19
↑僕も同感。
情報交換なんだから少しズレた意見でも教えてあげればいいじゃんって思うけどなぁ。
誰だってわかんない時は不安じゃん。
それが気に入らないならこの掲示板に書き込まなきゃいいんですよ。
それにしても22は無事黒戸征服出来たのでしょうかね?

33 :底名無し沼さん:2006/06/13(火) 23:24:37
確かにみなさんの言う通りと思います。
22さんの質問内容が、基本的なことが多くて
もう少し調べようがあるのではと思い、
少し熱くなったかも知れません。

反省します。



34 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 09:43:20
こんな流れの中ですが、またまた叱られっ子登場
‥教えてください。
去年から多少歩いていますがほぼ初心者、
山で泊まったことはないです。

七丈小屋‥特に予約が必要とはガイド等に書いてありませんが、
     四時までに着ければ泊めていただけるのでしょうか?
     小屋に泊まれれば寝具はある‥んですよね?
     万が一に備えてテントなんか要りますか?

刃渡り‥怖いですか?とっても‥??
    ささやかな鎖は大丈夫かもなんですがあたし高所恐怖症気味

陽気‥梅雨明け(7月初旬ですかね)あたり。
   かなり暑くなりますか?ばてるのも勘定しなくちゃいけませんか?

車‥須玉で降りて行こかと‥
  「尾白渓谷駐車場」に一晩止められるのですか?

教えてちゃんでごめんなさい、どうぞよろしくです。




35 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 10:16:34
わかるとこだけ
七丈小屋は16時までに着けばOK、食事付きも寝具もあり

刃渡りはよほど風が強くない限り大丈夫
上に行けば高所恐怖症の人には刃渡りより怖い鎖場がある
でもしっかりした鎖なので鎖から手を離さない限りは大丈夫

梅雨明けは例年7月20日前後でしょ
夏の黒戸尾根は暑いので早朝出発がおすすめ

車では行った事がないので駐車場はわからない
いずれにしても初心者には手ごわい尾根だよ「クロウト尾根」
尾白渓谷入り口からでも頂上までの高度差は約2,200m
この登りに耐えられるかどうかがポイントだね

36 :34:2006/06/19(月) 10:32:37
すっげ〜ソクレス‥
とても丁寧にお答えいただきましてありがとうございます。

もっと怖いんですか‥
いつでも引き返す気持ちで行かねばですね。

標高差は1,500mくらいを行ったことは
ありますが‥辛くてちょっぴり泣きました‥
2,200m‥二日に分けてもやっぱり厳しいですかショボーン‥

一ヶ月近所の山歩きながらよ〜く考えます。
35さん、ありがとうございました。





37 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 18:33:06
>>34

> 刃渡り‥怖いですか?とっても‥??
>     ささやかな鎖は大丈夫かもなんですがあたし高所恐怖症気味

上のかたも書いているけれど、刃渡り自体はそうでもない。
五合のはしごとか、長いはしごのほうが怖いと思うよ。

> 車‥須玉で降りて行こかと‥
>   「尾白渓谷駐車場」に一晩止められるのですか?

夏はわからないけれど、12月は停められた。

高低差よりも、とにかく長い尾根だから飽きる。
特に下りは拷問に近い。本当に飽きる。


38 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 18:40:23
22です。
結局天気下り坂でしたのでやめました。
梅雨明けに行きます。
さて「尾白渓谷駐車場」は2日でも3日でも停められるよ。
でも南アルプスの天然水で有名なところなので昼間行けばまず停められません。
スゴイ人ですから。
早朝なら大丈夫だけどね。
僕これでもい一応ジモティなんです。
黒戸尾根登ったコトないけどね。

わからないコトはどんどん聞きましょうよ!
それが掲示板です。

39 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 19:02:09
>>34さん
 尾白川渓谷の駐車場の標高が確か650mぐらいだから,
 気温は下界よりも3度ぐらい低いだけ。
 要するに暑さとの戦いになると思われ。

40 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 19:47:00
黒戸尾根は整備されているから全くの素人でないなら
そんなに恐くはないと思う。
小屋泊まりなら8時頃まで竹宇を出れば一泊目は余裕でしょう。
もちろん軽装でね。
刃渡りで昼過ぎになったならちょっとペースを上げたほうがいいよ。
2日目は山頂往復なので早立ちが基本。
小屋直前に高度感がある鎖が一カ所
あと2本剣に腕力勝負の鎖があるから荷物が多いと大変だよ。
山慣れしてないと下りでかなり筋肉痛に悩まされる。
竹宇まで最後の150m下降が苦しいこと苦しいことw
私はいきなり行かないで
行く一週間ぐらい前に足慣らしに雲取山に登って
山に体を慣らしておくけど。

41 :底名無し沼さん:2006/06/19(月) 20:12:44
>>36
> いつでも引き返す気持ち
高所恐怖症になったことがないからよく知らないけど、見上げながら登るときより、
見下ろしながら下るときのほうが怖いんじゃないのかな?
もしそうなら、「引き返そうかと思って下を見たらフリーズする」なんてことは?

山の見回りをしている林業のプロのノウハウで、台風の増水とか道の崖崩れとかで危ない場所は、
「行けるかどうかではなくて行ってから引き返せるかどうかで決める」そうで、
「怖そうなところは登ってから下り返して確認する」ほうが良さそう。

42 :34:2006/06/19(月) 23:11:51
すごい!みなさんご親切に!!ありがとうございます。

>>35さん 車使わないで早出だと前夜泊になりますね‥

>>38さん お〜ジモさん!?うらやましかです。
     もし前泊としたら白須のペンションさんが一番近いのでしょうか?

>>37さん 下りはさらに怖いし長い坂ほんと辛そうですね‥
     電車バス利用にして帰りは北沢峠へ‥なんて考えも出てきました‥

>>39さん 暑さとの戦いですか‥
     気温が高い上に木なさそうですもんね?直射日光‥

>>40さん すっごい励みになりました。
雲取は‥遠くて‥厳しそうなんでもちっと近いとこで慣らしますね‥トホッ

>>41さん そうですね、下り返して二回登れたら安心して行けそう!
     下から見上げてくら〜ってきたらダメですあたし。
     せっかくだから‥って無理したくなる気持ちを抑えますって意味ですショボーン
     観覧車、下までガラスのエレベーター、凍ります。
     かわいい梯子や鎖の時も手元足元以外は見ないようにして登ってます。
 
     なのに高いとこから見る景色が好きなんですよね‥

長くなってしまってすいません、ありがとうございました。
無事に行って来れたらこそっと報告に来てもいいですか? がんばります。
     

 

43 :底名無し沼さん:2006/06/20(火) 00:15:40
>>42
地図に載っている途中の水場はアテにならないから、
竹宇駒ヶ岳神社の入口の手洗場(?)でたくさん水を汲んでいってね。
小屋までいけば水もビールもあります。

44 :底名無し沼さん:2006/06/20(火) 00:32:49
冬山ソロみたいだな。

45 :底名無し沼さん:2006/06/20(火) 01:24:43
刀利天狗前のトラロープ張ってる木道も下りだと足も少しへばり気味なので
滑りそうで恐い。木がにょきっと出ているところがとくに。
トラロープの掴み方工夫しないとかえって危ない。
両方を引っ張って持つか4つん這いになってしまった方が安全。
落ちると死んじゃうらしい。


46 :底名無し沼さん:2006/06/20(火) 16:13:17
>>45
梯子と梯子の間で落ちて死んでるよ。あそこは鎖がほしい。

47 :底名無し沼さん:2006/06/20(火) 18:07:05
ここの上から五番目の写真の鎖場が一番怖かったな 高さはないけど足場もない
http://www1.odn.ne.jp/~aaj92170/kaikoma2.html

48 :底名無し沼さん:2006/06/20(火) 18:33:17
あそこは鎖掴んでぐいと引き寄せて
一歩目は尖った岩の先に右足をかける。
身長無い人と重荷の人は結構辛い。
あそこはどうも関門らしく
わざと梯子をかけないと言う話だよ。
まあ改修整備が進み結構楽になったけど、
黒戸スタンダードを残しておきたいという願望ですね。
まあ岩登りする人にとってはどうって事無い話ですけど。


49 :底名無し沼さん:2006/06/21(水) 00:19:57
>>47
短足のおいらもここが一番大変だったな。右足をかけて身体持ち上げるのがたいへん。
>>45
二番目に大変だった。横になってる腐った梯子に足を引っかけて落ちそうになった。

50 :底名無し沼さん:2006/06/25(日) 20:09:53
最近黒戸から甲斐駒行った人いますか?
マジで頂上まで行くのに登山道に雪とかあるんでしょうか?

51 :前スレ812:2006/06/26(月) 22:07:24
>>50
昨日、日帰りで登ってきたが登山道上の雪はゼロ。
残雪の量は去年よりも少なかった。
ただ、七丈小屋の水はまだ出て無い様で小屋で蓄えている水を分けて頂く状態。

例年より残雪が多いというイメージがある為か、北沢峠からの登山者も少なく静かな
山行が出来るチャンスと思う。

一年前から建設中だったトイレの工程があまり進んでない。orz
不動岩の古い梯子の架け替えがまったく進んでない。orz

>>48
そこは登りの時は鎖を使わないほうが楽。
鎖を使うとかえって右足を乗せづらくなる。
鎖の上の岩を掴み体を持ち上げ右の岩に右足を置く。さらに体を持ち上げ左足の裏
を左の岩に押し当てると簡単に登れます。


52 :底名無し沼さん:2006/06/26(月) 22:52:07
日帰りかっこいい!

不動岩は奧の鎖のほうが高度感があって楽しい。

二本剣の鎖場、鎖使わない登り方もあるんですね。
勉強になります<(_ _)>

53 :底名無し沼さん:2006/06/29(木) 20:25:08
昨日、今日と2日かけて行ってきました
日帰りする人もいるそうですが、どれくらいのタイムで行くんですか?
昨日は七丈小屋までで登る気もしなかったよ
下りは下りで5時間かけて下ってきたらその日に足が筋肉痛です
なんて体力ないんだろう・・・

54 :底名無し沼さん:2006/06/29(木) 21:09:50
>>53
天気よかったですか? 頂上で展望はあったのでしょうか

55 :底名無し沼さん:2006/06/29(木) 21:23:20
>>53
8〜10時間。このぐらいはざらにいるでしょ。
山耐上位クラスだったら6〜7時間は余裕だろな。
本気出したら5時間切るかもね。

56 :底名無し沼さん:2006/06/30(金) 01:02:01
一日あれば鹿塩まで行けるわな。

57 :底名無し沼さん:2006/07/01(土) 20:48:29
>>54
朝1で登ったので最高でした
ttp://tool-ya.ddo.jp/webfs/~enigma/%e7%94%bb%e5%83%8f%20102.jpg
>>55
8から10時間ですか
土曜だって言うのに今だに筋肉痛がとれないです
日ごろのトレーニングが足りないんですかね
今度は日帰りにチャレンジしてみたいと思います
それにしてもヘビが多かった
行きにヤマカガシ、帰りにアオダイショウ
怖くなってじっと足元を凝視しながら帰ってきましたよ




58 :底名無し沼さん:2006/07/02(日) 12:24:45
写真サンクス。
北岳まだちょっと残雪有るんだね。
下りで随分筋繊維が切断されたんだ。
北沢峠に抜けたほうが筋肉痛は断然少なかっただろうね。
日帰りなんかかなりの脚力ある人達だから真似しないほうがいいよ。
深田灸屋も一日で山頂に達するのは無理だと書いている。
そのくらいで良いんじゃないかな、別にスポーツマンじゃないんだからw

59 :底名無し沼さん:2006/07/14(金) 20:42:03
明日朝立します!
暑いんだろうなぁ…
水3?持っていこう!

60 :底名無し沼さん:2006/07/14(金) 21:45:19
いってらっしゃい。


61 :底名無し沼さん:2006/07/15(土) 00:43:38
>>59 は日帰りなのかな、気をつけて

62 :底名無し沼さん:2006/08/07(月) 09:07:54
木曜から黒戸尾根→早川尾根→御座石温泉行ってきます。
台風こっちくんなよ!!

63 :底名無し沼さん:2006/08/07(月) 11:17:55
南アルプスらしい良いコースですね。
浅夜の峰からの甲斐駒アップ待ってるよ(^^)/


64 :底名無し沼さん:2006/08/07(月) 12:12:29
特に「早川尾根→御座石温泉」というところが良いですね。
ドンドコ沢コースは危険です。

65 :底名無し沼さん:2006/08/07(月) 12:31:53
>>64
すいません、ドンドコ沢コースの危険なところを具体的に示してください。

66 :底名無し沼さん :2006/08/07(月) 16:20:26
御座石林道より西の平への登山道をご利用ください。

御座石鉱泉駐車場手前のT字路を右折して御座石林道へ。
大きい尾根を回り込んだ正面の沢が入り口で道標は無いが、赤テープが張ってある。
ここまで、歩いて30分、車で5分、車は50m先路肩が広い所に6〜7台おける。
傾斜の無い、沢沿いに歩いて20分で西の平に出るので、鉱泉からより楽である。
尚、沢沿いは赤テープも豊富で夜でも歩け、下りは西の平の道標どうり左へ下れば良い。
帰りは、武川方面に下り、武川の湯をご利用ください。
武川住民より。


67 :底名無し沼さん:2006/08/07(月) 16:33:07
ドンドコ沢危険は青木温泉に下らせないようにする
鳳凰小屋(御座石温泉と経営が同じ)の常套文句
昔から有名な話

68 :底名無し沼さん:2006/08/07(月) 21:54:11
こないだ行って来ました。
水は1リットルちょっとで足りました。
でも竹宇の神社から一時間半くらいは驚くほど汗が流れ
もしかして途中で敗退…?と不安がよぎったくらい暑かったです。
標高を稼ぐと少しは気温もやわらぐよ。
七丈の小屋はきれいで居心地が良くて気に入りました。
小屋番さん、たしかに近田春夫にチョト似てた(w。いいひとだった。


69 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 07:58:08
黒戸尾根は、車がないと行けないよね。
一昨年の12月に知人の車で行ったけど、単独だと
車がないからいけないんだよな。残念。

70 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 08:09:29
そんなことありませんよ。
携帯さえもっていればタクシーが使えます。
カブで来る人もいますよ。

71 ::2006/08/11(金) 08:11:14
>>69
おまえ足があるだろ
日野春から歩くんだよ
がんばれ

72 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 09:31:37
>>71
ひー。人でなし。

73 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 09:41:44
携帯なくても大丈夫
日野春駅前の公衆電話からタクシー呼べる

74 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 09:52:36
去年、竹宇でタクシー降りたら既に圏外 orz こんなものか? by mova

75 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 12:23:07
天パーの先生が昨夜の番組でここを御推奨してたね

76 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 20:14:44
タクシーで幾らくらいですか?

77 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 20:19:27
深夜で4700円くらいだったような?

78 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 20:38:14
うーん、やっぱり結構かかるのね。韮崎からバスにするか。ありがとうです。

79 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 21:15:31
相乗りという手もあるぞ

80 :底名無し沼さん:2006/08/11(金) 21:24:30
そこで彼女イナイ歴=年齢の山屋がホモに目覚める。(笑)

81 :底名無し沼さん:2006/08/24(木) 00:01:55
よく覚えていないのだが刃渡りって左側のほうが怖くね?

82 :底名無し沼さん:2006/08/30(水) 21:02:59
刃渡りなんか全然恐くない。
あんな立派な鎖があって何が恐い?


83 :底名無し沼さん:2006/08/30(水) 21:12:21
名前が怖いじゃん

84 :底名無し沼さん:2006/08/30(水) 22:11:02
80年代には鎖は無かったんだっけ?

85 :底名無し沼さん:2006/08/30(水) 22:34:17
鎖が恐いよ

86 :底名無し沼さん:2006/08/30(水) 23:37:32
>>76
土曜の朝、長坂→竹宇で3450円でした。
タクの運ちゃん情報によると、
日野春は二台(別々の会社が一台づつ)待機するようにしている。
長坂はロータリーに数台待機してるし、営業所が駅前にあるので
いなくてもすぐに呼んでもらえる。長坂のほうがタクの環境的には良い。
長坂→竹宇、日野春→竹宇の料金差は200円くらいかなって言ってたよ。

87 :底名無し沼さん:2006/08/31(木) 09:06:05
もっと凄いナイフエッジが星の数ほどある。
黒戸尾根で恐いところは5合の幽霊小屋に尽きる。

88 :底名無し沼さん:2006/08/31(木) 09:31:06
刃渡りは名前負けしてるな
鯨の背渡り位でいいんじゃないかな

89 :底名無し沼さん:2006/08/31(木) 11:23:53
けど実際転落死する人がいるんだよ。
ああ言う中途半端に危険なところって
かえって油断して危ないのかもしれない。
ガシガシの危険箇所はみんな神経集中しているから
案外事故死少ないように思う。

90 :底名無し沼さん:2006/08/31(木) 23:45:28
エッジかよ

91 :底名無し沼さん:2006/09/01(金) 20:51:06
いや、ただ刃渡りの尾白川側よりも大武川側を覗いたほうが怖いな
と思っただけなのだが何故、刃渡り大したことネになるのか不思議

ただ遠い記憶だからハッキリしないが

92 :底名無し沼さん:2006/09/01(金) 22:28:04
>>91
反応した人、すごい恐かったんじゃないか?
実際のぼりで左側のほうが斜面急だと思うけど。

93 :底名無し沼さん:2006/09/02(土) 04:11:31
ただ今竹宇駒ヶ岳神社近くの駐車場。
寒い。
これから頂上目指します。

94 :底名無し沼さん:2006/09/02(土) 07:25:00
いってらっしゃい。

95 :底名無し沼さん:2006/09/02(土) 08:10:07
今日は絶好だね。
山頂がハッキリ見える。


96 :底名無し沼さん:2006/09/02(土) 12:23:09
>>93
山頂でごはん食べてるのかな? うらやましー

97 :底名無し沼さん:2006/09/03(日) 17:54:10
昨日発で初黒戸行って来ました。テント泊で竹宇12:00でした!
思ったよりは頑張れました。
次は日帰りです。
ただ壊れかけの梯子は怖いけどね。

98 :底名無し沼さん:2006/09/03(日) 18:14:00
どこの梯子?


99 :底名無し沼さん:2006/09/03(日) 19:37:35
七丈小屋の少し下かな?(良く覚えてないけど五合目小屋と七丈小屋の間)
あんなの怖くないとか具体的にとか言うなよ!

100 :底名無し沼さん:2006/09/04(月) 12:17:02
不動岩のあたり?
鎖と梯子の両方あるところかな?
あそこの垂直梯子腐ってるの?



101 :底名無し沼さん:2006/09/05(火) 17:59:11
「黒戸尾根」を「玄人尾根」とシャレ半分で言う人がいるのが、どうも釈然としない。
槍の「北鎌尾根」なんかだったら、玄人尾根と思うが・・・

102 :底名無し沼さん:2006/09/05(火) 21:41:00
ヒャクメーザンの人は北沢峠から登るって意味じゃないの

103 :底名無し沼さん:2006/09/07(木) 16:56:34
>>101
いろんな意味で玄人好みの尾根だと思うけどなあ。

104 :底名無し沼さん:2006/09/07(木) 21:14:12
北鎌はやっぱりミーハーなんだよ。
黒戸は地味だしこれといって花がある訳じゃない分玄人好み。


105 :底名無し沼さん:2006/09/07(木) 22:29:56
NHKの日本の名峰みて、黒戸尾根行ってみたいとおもった。
10時間で登っていたね。

106 :底名無し沼さん:2006/09/07(木) 23:27:20
黒戸は針葉樹林とコケが美しい。

107 :底名無し沼さん:2006/09/07(木) 23:46:26
そんな美しいところなら、ゆっくり登りたいわけだが・・・

108 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 08:37:16
黒戸尾根の登りは自然にゆっくりになるから心配すんな

109 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 10:39:15
苦労登尾根

110 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 10:43:29
黒戸の急登は奥多摩の見たいに度はずれた急斜面の登山道ではない。
小屋泊まりでゆっくり登れば肩すかしのように登れます。
天泊など重荷背負うとやっぱりきつい。

111 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 12:16:27
同じ標高差2200mの剣の早月尾根に比べて、
圧倒的に人気があるのは何故だろう?
首都圏から近いことももちろんだが、やっぱり、
殿下も登られたというのもあるのだろうか?

112 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 12:29:39
>>111
ムーミンに出てきそうなコケ岩があるし。

113 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 14:09:07
奥多摩の急斜面って何処の話だ?
立ち木につかまらないと登れない程の急斜面は
真名井北稜の直登ルートしか知らないので教えてチョウダイナ

114 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 21:12:04
長大且つ急登コースとして、
 早月尾根から剱岳, 黒戸尾根から甲斐駒ガ岳, 池山吊尾根から北岳
この3つが代表的だと思う。

早月尾根・・・富山市内在住の人は、日帰りで登る人も結構いるようです
黒戸尾根・・・随所にアクセントがあり、ユニークなのも人気の一因か
池山吊尾根・・・きついが、ボーコン沢ノ頭に登りついた時の感激が大きい

115 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 21:28:18
奈良田から農鳥っていうのも地味に標高差2226メートルあるぞ。
西農鳥だと2251メートル。

116 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 21:53:44
>>115
それを言えば
さわら島〜赤石避難小屋までも2000Mあるがなw

117 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 21:57:19
>>116
2000Mじゃ、黒戸や早月(2200m前後)に負けているじゃん。意味ねえ。

118 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 21:58:07
>>114
北アの笠ヶ岳のところは?

119 :底名無し沼さん:2006/09/08(金) 22:36:51
黒戸尾根も白州から登れば2500m
竹宇駒ケ岳神社側からバスを利用して登る場合はそのケース
オレも登ったことあるよ

120 :底名無し沼さん:2006/09/09(土) 08:05:54
笠ヶ岳は新穂高温泉の槍見からなら、標高差1950m、
下りには結構利用されているようだ。

121 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 02:58:41
易老度〜聖岳

122 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 03:31:14
>>120
2200じゃなかったっけ??

123 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 04:03:50
中アの空木岳は?池山尾根

124 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 06:14:22
http://image01.pita.st/?c=r4xgcr3e_1&uk=MkHi1cIeTU4A

125 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 07:11:42
昨日、行ってきました。
途中で、オコジョとライチョウに遭う事ができて、
大感激しました。

126 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 11:21:51
関西から中央本線で夏山で北アルプス方面に向かうとき、木曽川沿いの倉本という所で
車窓から「空木岳登山口」という看板が目に入り、こんな暑くて低いところから登るような
山もあるのか〜と思ったものだ。

127 :底名無し沼さん:2006/09/10(日) 22:47:20
低くて暑いなら八月の奥多摩だろ
日曜の馬頭刈尾根で山頂まで一人も出会わなかった

128 :底名無し沼さん:2006/09/11(月) 08:02:44
たしかに八月の奥多摩丹沢奥武蔵は熱汗山塊だね。
バイクでグリーンライン上がっても日中は地上とさほど気温変わらない。


129 :底名無し沼さん:2006/09/11(月) 12:30:00
黒戸尾根
秋に行くと里近くは栗が沢山落ちていて秋を感じる。
夏は苔が美しいね。


130 :底名無し沼さん:2006/09/11(月) 17:46:50
黒戸尾根って、体力自慢者向きの単なるマゾ的ボッカコースかと思っていたら、
そういう自然美とも出会えるんだ〜 
しかも、苔の美しさなんてシミジミとしたものに美を見出せる感性の持ち主も登るんだ〜

131 :底名無し沼さん:2006/09/11(月) 19:49:56
乱暴なたとえだけど、ヨーロッパに変換するならば
黒戸尾根楽しめる感性の人って
北欧やドイツや東欧の森の深さも好きなんだろうな。
北アルプスはスイス・オーストリア系かな。

132 :底名無し沼さん:2006/09/11(月) 20:41:38
ここは一人で登っていてもいつも何かが一緒にいるんだよね
変なモンじゃなくて虫や植物の精みたいな、霊みたいなもの
感じる 下界ではそういうものにはカラっきし鈍感なのだが 

133 :底名無し沼さん:2006/09/11(月) 20:54:18
黒戸尾根にはウルサイババアがいないから
自然にどっぷりつかれる

134 :底名無し沼さん:2006/09/12(火) 18:43:49
ドイツの森といえば、バーデン・バーデン近郊のシュバルトバルトの森を逍遥した
こともあるが、黒戸尾根に森羅万象の息づかいを感じながら、歩を進めるような
風雅な人もいるとは驚いたのだが、まあその横を両手ストックでワッサワッサと
あるいはトレイルランニングでダッダダッダという・・・

135 :底名無し沼さん:2006/09/12(火) 20:35:47
五合や屏風小屋、主がいなくなると共に朽ち果てていく
もうそこに必要がなくなったと言えば、それ迄なのだが
この尾根にあるすべてが生を持っているような気がする

136 :底名無し沼さん:2006/09/12(火) 22:35:33
山岳信仰としての登山は減って、マゾ山としの登山人気が出てるのかな。

137 :底名無し沼さん:2006/09/13(水) 00:07:05
>バーデン・バーデン近郊のシュバルトバルトの森
をを、シュバルツバルト=「黒い森」ですな。
行ったことがあるとはちょっとウラヤマシイ。
そういえば、黒戸もおんなじ「黒」だったりする。

>森羅万象の息づかいを感じながら、歩を進めるような 風雅な人
ってトレランやるヤツと同じくらい体力&精神力がないと
心にゆとりが持てないと思う

>この尾根にあるすべてが生を持っているような気がする
泣ける。

138 :底名無し沼さん:2006/09/13(水) 08:54:18
ヘンデルとグレーテルがお菓子を落としながら彷徨った森か、、、


139 :底名無し沼さん:2006/09/16(土) 23:01:59
>>138
> ヘンデルとグレーテルがお菓子を落としながら彷徨った森か、、、
ヘンゼルだぉ。

140 :底名無し沼さん:2006/09/25(月) 07:07:58
しんどいだけのルートかと思っていたが、行きたくなってきた。

141 :底名無し沼さん:2006/09/25(月) 10:21:10
登るなら今がベストシーズンだよ。
8合から見上げる地獄谷の紅葉が綺麗。

142 :底名無し沼さん:2006/09/25(月) 12:30:05
黒戸尾根のハイマツは標高何mくらいから現れるの?

143 :底名無し沼さん:2006/09/25(月) 15:22:08
2500mくらいから。
七丈小屋を過ぎて八合鳥居との中間あたり。

144 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 01:14:56
そうそう、あそこらへんからハイマツだね。
しかし、あのへんって急だよね。朝、小屋を出たばかりだとキツイっす。

145 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 02:31:50
粥餅石の付近にお化けが出るって本当?

146 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 19:15:53
京都からなのだが、夜行発一泊二日の日程で、1日目七丈小屋泊
翌日、甲斐駒を越えて北沢峠から仙丈をピストンして京都に帰るという
行程はアクセスなど含めて問題ないだろうか?


147 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 19:16:12
へえー
いいなぁ〜

148 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 19:31:23
時間的には問題ありません
寝不足による滑落に気をつけましょう

149 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 19:32:47
黒戸尾根ではないけど・・・
鋸との間の六合目石室がこの秋に改修されるって本当ですか?

150 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 19:41:13
>>146
歩く行程は、体力がありかつ、二日目早立ちすれば、問題ないだろうが
京都までその日のうちに帰れるんだろうかねぇ?

151 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 20:12:59
ディーゼルの教授みたいに無理するなよ。
山は逃げていかない。
余裕を持って登る方が気分がいいと思うよ。


152 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 20:48:56
>145
  m(´・ω・`)m み〜た〜の〜?

153 :底名無し沼さん:2006/09/29(金) 23:35:48
>>149
俺も詳細求む。

154 :底名無し沼さん:2006/09/30(土) 23:20:27
おひさしぶりです???
>>34です。一昨日やっと行ってきました。
あの時いろいろ教えて下さった方々ありがとうございました。
上に行くほど怖かったです。最後の鎖には泣きました。
怖くなったので北沢峠に下りてから車取りに帰りましたorz....
道は素晴らしかったです。苔の道は苦しさを癒してくれました。
ところどころの石碑に信仰の山を感じ、妙に信心深くなった二日間でした。
子ざる軍団がいてちょっと怖かったです。
近田春夫似の小屋番さんは楽しい人でした。ご飯おいしかった。
40代くらいの女の人が日帰りしてました。勝手に推測して10時間?
また行きたいです。来年はもっと経験を積んで往復したいです。

155 :底名無し沼さん:2006/10/01(日) 01:15:08
>>154
お疲れ様でした。黒戸尾根を堪能できたようでよかったですね。

156 :底名無し沼さん:2006/10/01(日) 02:50:54
おつでーす^^
鎖は怖いから、鎖場までのピストンでも楽しめますでしょうか?

157 :底名無し沼さん:2006/10/02(月) 09:13:23
155さん156さんありがとうです。
156さん、素敵な道ですが途中は展望なんにもないので
それだけじゃ寂しいと思います。
極端に高さが怖い人でなくて道の乾いた時でしたら大丈夫かと。
私は高いところがとっても怖いんで....
>>47さんの紹介してくれてる方の記録が様子がとても分かりやすいです。
それとここのスレの方々のアドバイス、親切でその通りでした。

素人があんまり書くと叱られるかもなんでこれで。
また来年教えて下さい。
みなさまありがとうございました。

158 :底名無し沼さん:2006/10/03(火) 01:38:13
>>157
いやいや、何事も感じ方は人それぞれだと思います。
同じように感じる人もいれば、違う感じかたをする人もいると思います。
何度も通ってる人が気づかないような、
始めて行ったからこそ気づくというのがあるのではないでしょうかね。

わたしもこのスレを見ていると、みなさん黒戸尾根で色々な楽しみ方を
しているようでとても勉強になりますし、みなさんの書き込みを読んでると
行きたくなって足がうずうずしてきます。

159 :底名無し沼さん:2006/10/06(金) 00:39:38
すみません。近況をご存知の方がいらしたら、教えてください。
五合目の小屋の付近は、現在テントは張ってもいいのでしょうか?
また張るスペースはあるのでしょうか?
あと、あるはずの水場が無い、との記載を読んだ事があるのですが、いかがなのでしょうか?

近日中に行ってみたいと思っているロートルです。

160 :底名無し沼さん:2006/10/06(金) 01:32:32
許可された場所ではないけど
張れるスペースは十分にある。

水場は小屋の裏手を沢の方向に少し下りたところに
昔はあったらしいが
今は多分ダメ。

161 :底名無し沼さん:2006/10/07(土) 21:07:21
>>160
早いレスサンクスです。小屋の裏手の沢の方=黄蓮谷の方ですよね?
でもなんでダメになったのだろう?ポンプ?

162 :底名無し沼さん:2006/10/10(火) 09:11:02
北アな俺が始めて南アに行って来た。
日野春からバスで横手に着いたのが、8:42。
そこから黒戸尾根を登り甲斐駒山頂に着いたのが、15:05。
風が強く下は晴れていたけど山頂付近は霧氷で白かった。
でも50人くらいと会ったんじゃないかな。
その日は仙水小屋まで下りてテント泊。
山頂から仙水小屋までは誰にも会わず。
翌日は日付が変わる頃に強風も収まり朝は快晴。
アサヨ峰から地蔵ガ岳を巡り御座石温泉へ下山。
ゆっくり景色を眺めながら12時間かけての稜線漫歩。

163 :底名無し沼さん:2006/10/10(火) 12:28:08
>>162
そりゃごくろうさん。

164 :底名無し沼さん:2006/10/10(火) 13:42:35
>>162
乙でした。159です。山頂までテント一式背負って6時間はずいぶん早いですね。
同じルートを遅れて出発。七丈小屋のテン場泊りで翌日山頂往復・下山でした。
同行者に不安があったのですが、無事七丈小屋のテン場まで着けました。>>160 TNX

偶然なのですが、春に八ヶ岳の某所で出会った男性が隣のテントにいました。
その時は今回と違い、車から主稜線まで彼しか会わないというマイナー?ルートでした。

165 :底名無し沼さん:2006/10/10(火) 14:17:18
黒戸尾根もいつしかメジャーコースになったんか。

166 :底名無し沼さん:2006/10/10(火) 19:58:58
いや、昔メジャーのひとつだったん

167 :底名無し沼さん:2006/10/10(火) 23:07:31
三連休の後半8−9で行ってきた。
連休中日でしたが七丈小屋は第二まで開放してました。
忙しい時でも一人で切り盛りしている小屋番さんですが、
その日は助手(男)がいた。白州からの雇われ人であろうか?
テント泊で、外見ですが見事な仕切り健在でした。


168 :156:2006/10/10(火) 23:21:55
157様ありがとう。
テン泊とかマダ無理なので、近所の大菩薩から甲斐駒を眺めて
修行に勤しみますぁ。

169 :底名無し沼さん:2006/10/11(水) 03:08:06
>>167
159=164=同じ日程です。あのテン場に一緒にいたんですね。ナカーマ!
どのテントだったのだろう? あの中にここを見ている人がいた事にビックリ!

170 :底名無し沼さん:2006/10/11(水) 21:14:15
>>169
一番奥から2番目で谷側でテン泊してました。
記憶にあるのは
奥から3番目の山側エスパースの男性2人組かな?
あと2人組は一番入口のカップルかな?
いづれにしてもその日は強風で寒かったので
コミュニケとらずテント内に引篭もってたので
挨拶だけで誰とも会話できませんでした。

171 :170:2006/10/11(水) 21:17:38
>>169
あと思い出した。
一番遅くテン場に到着して、テン場に備え付けのペグが無い無いと
探したいた人も居たなぁ〜。

172 :底名無し沼さん:2006/10/11(水) 22:27:31
おまいら擬似オフやってんなあ  おもろいぞ

173 :169:2006/10/12(木) 02:57:11
>>170
たしかに風は強かったですね。こんな強風の夜に北アでは・・・と思っていました。

正解は>>171です。フライを掛けていなかった古いエスパースです。
石があるだろうと思っていたら、きれいに整地されている。
で、ペグは1パーティ5本までと書いてある。ペグ何処?無いぞ!(夏場にペグは使った事がありません)
私の探し違いで、実はたくさんありました。その節はお騒がせしました。すみません。
でも5本以上使っているテントがたくさんありましたね。
何しろ久しぶりの黒戸尾根だったので、尾根が変わっている事も含めてビックリでした。
あと、到着した時に焼肉?の匂いがして、美味そう!と思いました。

一番入口側のカップルは、私たちが山頂から下山してきたら撤収が終わる頃でした。
ちなみに偶然の再会は、一段低い場所(谷側)の一番西側の方(単独)です。
で、私たちの最後の撤収(および昼食)が終わる頃、女性二人のパーティがテント背負って登って来ました。これもビックリ。
補足ありましたらお願いします。

>>172 確かに擬似オフですね。予定外ですけど。このスレ見ている人がいるなんてビックリです。

174 :170-171:2006/10/12(木) 07:24:56
>>173
三連休だったのでテン場の混んでましたね。
年2回位きてますが、小屋番さんはよく7月の夏の日と
10月の体育の日の連休は来ないで欲しいと言ってます。
私が撤収する10時頃には入口付近に4つ程度テントが
残っていたので、その中の1つだったのですね。
因みに一番入口側のカップルは14時に竹宇の駐車場で見ました。
混んでた割には下山中は追い抜き抜かれもなく静かな道中が楽しめました。
しかし、今日もまだ筋肉痛が残っていて、毎度あの長い下りはこたえます。


175 :169:2006/10/18(水) 02:52:02
>>170 = >>174
返事が遅れました、159=164=169です。

確かにテン場は混んでましたね。この尾根はそんなに人がいないと思っていたので。

7月の夏の日と10月の体育の日の連休は混雑するからでしょうね。
受付の時、小屋の中に「薀蓄を垂れたそうな人」いましたし。

10時頃に撤収された時の、入口付近の4つ程度のテントの中のひとつです。

「入口側のカップル」って最低2組いたと思います。
私が見たカップル(低い方の山側に泊まっていた)は、11:30にテン場にいて、20代ではないと思います。
(14時にはまだ行動中のはず。竹字神社に14時は無理だと思います。)
>>170 = >>174さんが見たのは、若いカップル(20代前半)ではないでしょうか?

下山中の抜きつ抜かれつは無かったけれど、この人無事に下山できるかなあ?はいました。
筋肉痛は水曜まで、木曜には日常生活でした。(けっして自慢ではないです)
どこかでまたお会いできますかねえ?

偶然2ちゃんネラーがいた事に乾杯!

176 :底名無し沼さん:2006/11/13(月) 15:26:55
今日の甲斐駒、サイコーに天気イイね〜。今週末は如何に!?
ttp://www.eps4.comlink.ne.jp/~bhakushu/live/cam0_hist10.htm

177 :底名無し沼さん:2006/11/13(月) 18:02:22
今年もなんだかんだ理由をつけて行かなかったなぁ。
もう雪山みたいですね。
ムリポ。

178 :底名無し沼さん:2006/11/18(土) 22:51:21
見る山にしておきます

179 :底名無し沼さん:2006/12/08(金) 10:28:43
そろそろ登らないか

180 :169:2006/12/09(土) 03:59:05
>>179
前回の同行者を連れて行きたいが、技術的に不安・・・

181 :底名無し沼さん:2007/01/02(火) 01:32:23
明けましておめでとうage

182 :底名無し沼さん:2007/01/02(火) 07:56:59
おめ。
誰か行った人いる?

183 :底名無し沼さん:2007/01/02(火) 08:04:22
雪解けまで冬眠中

184 :底名無し沼さん:2007/01/02(火) 17:45:22
明けまして
おめでとう
去年は逝かなかったので
7丈小屋から年賀状来なかったよ。


185 :169:2007/01/03(水) 03:08:18
>>184
テント場だけ使って住所は書いたけれど、年賀状は来なかった。
宿泊客ではないからかなあぁ?

186 :底名無し沼さん:2007/01/03(水) 18:41:08
地元の者ですが、学生の頃初めて登り、昨年20年振りに登りましたが
皇○子が御登りになる際に、登山道〜小屋を整備したらしく、見違える程、
登りやすかったです…
(一部、岩を登りやすくする為に足型で削った箇所が何箇所か有りました)
早月/烏帽子の方が明らかに大変と思います。
(体力の無い私でも、尾白駐車場から10時間程度(休憩含む)で往復可能
 です)


187 :底名無し沼さん:2007/01/03(水) 19:31:09
今日戻ってきたのですか。

188 :底名無し沼さん:2007/01/03(水) 19:33:32
>>187
「昨年」とかいてあるよ。

189 :底名無し沼さん:2007/01/04(木) 09:27:01
殿下が登ったときに整備したと言うのは嘘。
旧白州町による整備事業は殿下が登った数年後。

駐車場から10時間で往復可能なのはかなり体力のある人。
それが可能な人も少なくはないが、一般的には無理。
そんな書き込み信じて気軽に登る奴が遭難でもしたら
せっかくの歴史的登山道が騒がしくなって荒れる。
地元民ならそのくらい気を使えよ。

190 :底名無し沼さん:2007/01/07(日) 15:18:04
皇太子殿下が近頃登ったのですか。
90年頃に私が行ったときは、少し前に殿下が登ったということで、
腐った梯が整備されて、鎖場も少なくなっていて登やすくなっていた。

夏でクライミングギヤを持たなければ、50歳すぎた私でも往復可能だが、
普通1泊でしょう。

191 :底名無し沼さん:2007/01/07(日) 16:49:15
一泊もよし、日帰りもよし、ひとそれぞれ
わしはのんびり一泊で北沢峠に降りるのが好き

192 :デブ:2007/01/08(月) 02:30:29
一度はやりたい日帰り
今年こそはと3年経過
たいじゅうも70kg代に入り
いよいよ出来そうな予感。


193 :底名無し沼さん:2007/01/08(月) 16:22:46
急いで行って帰ってくるのの何が楽しいんだ?
ゆっくり歩いて堪能すべし。

194 :底名無し沼さん:2007/01/08(月) 16:38:51
全力で日帰りの人と、全力で一泊の人では、堪能度は一緒

195 :底名無し沼さん:2007/01/08(月) 22:55:30
>>194
そうでもない

196 :底名無し沼さん:2007/01/09(火) 21:54:11
やっぱり白須あたりから
あの山に朝登って一日で帰ってきたと見上げるときの達成感はひとしおだろ。


44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)