2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺の日記帳

1 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 20:44:33
他のスレッドで「ここはお前の日記帳じゃねえんだ」と言われる前に作成しました。
もちろんどなたでも自分の日記帳として書き込んで良いのです。
では始めます。

2 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 20:46:41
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1082644120/
華厳宗に命をかけたいスレで書いてましたが、
日記帳っぽくなってきたので華厳経と関係ないことは新たに立てたこのスレに
書くことにしました。


3 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 20:59:50
さて、華厳宗スレにも書きましたが、
問題は断食か菜食かですね。

今日は寒くてと言っても今の室温はアナログ式で18度。ディジタル式で17.9度を指しています。
とても暖かいですね。ちなみに川崎市です。

でも今私はとても寒いのです。
今日はキャベツの千切りと野菜ジュースを摂取しただけです。
そのせいかと思われます。
華厳宗スレにも書きましたが、私は2001年にタバコを止めて以来一回も自室で暖房を
つけていないのです。
ですから、まぁ寒いと言えば寒いのですが、
部屋の心地よい暖かさは祈りの大敵です。

でも今日は食事が上記の通りなのでとても寒く感じます。
親から痩せろとうるさくやいのやいの言われているので、
一念発起して断食か菜食することに決めたのです。
といっても冷凍ピザに加えて買ってきたとろけるチ−ズをてんこ盛りして
レンジでチンして食べるとおいしいのですが、太ります。
ですから肉食を退けるだけでは痩せるには直結しないんですね。

4 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 21:01:34

ただ永平寺/総持寺に行った際、あまりの食事の粗末さに
「人間ってのは何食っても生きられるんだ」
と思ったのを記憶しています。
幸い現在の自分は酒タバコセックスどれもしないので、
断食か菜食かの選択肢が可能なわけです。

タバコを2001年秋にやめたときには、
「ああ、これで俺も断食できる身体になった」
と思ったのを覚えています。

結婚前のセックスは1995年に洗礼(キリスト教です、はい)受けたときに、
モーセの十戒を授かるわけですから、その時から断つことになるわけですが、
幸い神の差し金であろう試みをも突破して、
今まで何とか戒律を破らずに来ることが出来ました。

5 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 21:05:27
で自分はクリスチャンの癖に華厳経に興味を持ってしまったのです。
そして国書刊行会から出ている『口語全訳 華厳経』上下二巻本を45000円も出して
買ってしまいました。
一冊の本にこんな大金だしたのは初めてです。
「でも華厳経を読まずして死ねるか」という執念はあります。

6 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 21:11:56
人がアウシュヴィッツを思い浮かべるとき、
まず過重労働・暴行・虐待・気ままな殺害等を思い浮かべますが、
それ以前にまず飢えと寒さがあります。

断食した経験のある方なら分かると思いますが、
とにかく身体が冷えるんですね。
熱い湯を入れた湯船に身体を浸してもそれでも寒いほどのものです。
次に寒さ、これがロクに食べてない身体にはこたえるんですね。
寒さが自乗になります。

ただアウュヴィッツでは更に不潔が加わりますが、
禅寺には不潔はありません。そこが違いますね。
やはりどんなときもきちんと洗濯や掃除やシャワー等で綺麗にすると
部屋の「気」自体も清浄になる気がします。

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/19(火) 21:22:31


お前なぁ、スレタイも>>1も神社仏閣と関係無いだろ!削除しておけよ

日記を書きたければブログでやれよ! 迷惑な香具師だな・・・

8 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 21:39:02
>7
linux板にも「俺の日記帳」スレは存在し、長期間数名によって愛用されています。
存在も板内で認知されております。
ある種、隔離スレの機能を併せ持つからでしょう。
それにあくまで宗教に関係する内容の書き込みに限定しています。
というか>>7さんも日記をお書きになったらいかがですか?

9 :耶蘇華厳:2006/12/19(火) 21:47:53
ああ、本当に寒い。身体が冷える・・・。
シャワーは既に浴びてるが、
今これから食うべきか寝るべきか祈るべきか?
それが問題だ。

10 :耶蘇善財:2006/12/21(木) 22:56:37
「耶蘇華厳」改め「耶蘇善財」と名乗ることにしました。
理由は簡単に推測出来ると思いますが、外道(異教徒)にすら教えを請いに行く
善財童子と耶蘇を掛け合わせたものです。よろしくお願いします。

11 :耶蘇善財:2006/12/21(木) 23:00:29
さてただいまの室温はディジタル式で16.0度、アナログ式で17度を示しています。
でも寒く感じません。
さきほど蕎麦200g(乾燥重量)、ちくわ5本(133kcal)、と野菜ジュースを摂取したのでそのせいだと思います。
火曜日のように野菜ジュースとキャベツの千切りだけだと非常に寒かったので、
この雲泥の差に驚いています。

12 :耶蘇善財:2006/12/21(木) 23:04:55
>>6の末尾の行もよく考えると華厳経『浄行品』そのものですね。

13 :耶蘇善財:2006/12/22(金) 09:25:51
自分は、自然に振る舞っていると自分の言動行状の後を聖書が後追いしてきた。
つまり裏付けてきた。
華厳経もどうやら私の宗教観をそのまま自動的に表現してくれてる様子だ。
「なんだこれなら以前から私はそうだよ」
なんて思う箇所が多い。
ますます以てのめり込みそうだ。

14 :耶蘇華厳:2006/12/22(金) 14:18:00
宗教に親和性のある人は、高い確率でコンピュータに対する適性も有意に高いと
思うのですが、そう考えるのは私だけでしょうか?

15 :耶蘇善財:2006/12/22(金) 14:23:08
(耶蘇善財の誤りですた)

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/22(金) 17:35:51
華厳も経を読んだだけでわかりませんよ。

17 :耶蘇善財:2006/12/22(金) 20:59:34
>16
玉城康四郎『華厳入門』37頁に、悩んでる画家に向かって

「それでは華厳経を読みなさい。わかってもわからなくてもいいから、とにかく頭から
しっぽまで華厳経をぜんぶ読みなさい。」

という話が出てくるのでそれで調子こいて分からなくても読了してやろうと・・・。
読書百編意自ずから通ずというではないかと思って、読んでみようかと思ったのですが・・・。

18 :耶蘇善財:2006/12/23(土) 18:00:14
明恵上人は華厳経と密教を結びつけた。
鎌田氏のように華厳経を禅と結びつけようとする人もあるようだが、
私には実践面では祈りがある。

祈りこそキリスト教信仰の真骨頂であると私は思うのだが、
"お願い事"の祈りをしたり顔して馬鹿にする向きがある。
が、これは良くない傾向だと思う。

祈りなき信仰なら、各種NPO法人の活動とか立派な活動しておられる方々があり、
そういう人たちのほうがよほど立派である。

19 :耶蘇善財:2006/12/23(土) 19:30:17
華厳経「浄行品」を、修証一等と結びつけるのは私の好みに合わない。

たとえば掃除・食器洗い・洗濯をする。部屋に空気を通す。
すると場の「気」がきれいになる。淀んでいる「気が」一掃される。
電気洗濯機によるものであってもそうなる。
だからそれは"修証一等"は別物でしょう。

修証一等という宗教思想が悪いといいたいわけではない。
ただそれとこれとは別でしょうと言いたいだけである。

20 :華厳命鬼と化す:2006/12/25(月) 11:37:42
耶蘇善財さま
華厳経はどこまで読みましたか
私は調子に乗って永久保存用としてもう1セット買ってしまいました
華厳経読まずして死ねるか!
いいですねその意気です
がんばれ耶蘇善財!

21 :耶蘇善財:2006/12/25(月) 16:15:32
宗教では救いは万人に可能性があると一般論としては教えられる。

しかし牧師や僧侶として、あるいは宗教哲学者・神学者・仏教学者としての才能は
どうだろうか?
結論から言うと私の回答は「宗教も最後は本人の才能次第だ」ということである。
20代の頃既に、聖書について私に対等に伍することのできる牧師はいなくなっていた。
(もちろん断片的な知識は年齢に比例するのは当然である。餅は餅屋)。

ある三流の牧師が私に張り合おうとしていたが言語道断であり、無様な惨敗を喫した。
旧約聖書に預言者エレミヤというのが登場する。彼は神から必勝を約束されているが、
彼の年齢はエレミヤ書に記載されてる当時30歳程度である。


22 :耶蘇善財:2006/12/25(月) 16:20:37
やや、華厳命さん、どうも!
今のところは解題を読んでから、思うところあって、浄行品を開いてみましたが、
>>19に書いたとおりの感想です。

聖書については自信がありますが、仏教についてはまっさらに近い状態なので、
常識的なことも知りません。
河波先生に連絡ついて初歩的なことを教わってから、最初から読もうと思います。

23 :耶蘇善財:2006/12/26(火) 11:45:04
年末年始は、予定がごちゃごちゃしている上に
友人が年末年始に合計二回遊びに来る予定なので
(彼は女装愛好者だから一人暮らしの小生の部屋に場所を借りに来るんですね)、
華厳経読むのはお休みです。

あと以前お世話になったギリシャ哲学者のO先生のご病気の(癌再発)の為にも
祈らなければならないし(←実はこれが一番時間を食う)。

しかし自分の目の前で起こっていることを放置してどこか余所に自分のやるべきことを探すのは
華厳経からも法華経からすらも外れた行為であると思う。
今この瞬間に自分の目の前で起こっていることが大事なのだ。

24 :耶蘇善財:2006/12/26(火) 17:42:17
華厳経は「頗る難解」とし知られている。
よっしゃ〜、読了してやるぞ〜!
と言う話はここでは置いておいて・・・。

聖書で特に難解なのは4つの福音書の中ではヨハネ伝です。
特に後半二分の一から三分の一が難解です。
というか解説できる人はまずいません。
皆逃げます。
十字架にかかって復活でもした人ならもちろん解説できるでしょうけど。

妙なことを言い出すと思われそうですが、振り返ってみると
自分は聖書に従って生きてきたという感じではなく、
自分の言動行状を聖書が裏付けてきたという感じです。
だから聖書読んでると「なんだ、ここに書いてあるじゃん」なんてことがしばしば。
もちろんそう言うときは後で引用できるように線を引くわけですが。

25 :耶蘇善財:2006/12/28(木) 14:13:33
test

26 :耶蘇善財:2006/12/29(金) 09:22:07
今日は起床してから換気してるだけで、北風が吹いてることもあって
あっという間に室温がグングン下がる。
これはPCの冷却と祈りには絶好の日よりだが、あいにく友人が遊びに来るので
ダイニングキッチンは暖房入れなくてはならない・・・。
ままならぬものよ。

27 :耶蘇善財:2006/12/29(金) 19:44:14
先ほど、
柘植久慶 『栗林忠道』 PHP文庫を買ったが、本を開いて私はおったまげた。
なんたって
2006年12月18日第1版第1刷
2007年 1月5 日第1版第2刷
と書いてあったんだから、まだ除夜の鐘も聞いた覚えはないんだが。

柘植さんは軍事ものを書くことで有名ですね。

28 :耶蘇善財:2006/12/30(土) 23:39:45
test

29 :耶蘇善財:2006/12/30(土) 23:54:32
さて河波昌先生にお手紙書いてさきほど投函したが、届くのは何時になるやら・・・。

「今度遊びにいらっしゃい(訪問してお話をうかがって良い)」という破格のお申し出は
12月9日に頂戴した言葉である。

その後華厳経の口語訳(あの高いやつ)の入手や概説書を読むなど、
更に硫黄島の戦いのことを調べていたので、時間を食ってしまった。
(映画は見ていない。実は映画化される前からずっとアジア太平洋戦争を調べていた)

また先生も忘年会や年賀状書きなどで多忙だろうと思い、12月は遠慮していたわけだが、
河波先生が心変わりしてないと良いのですがが・・・。
学問上の質問のために念仏会などの会合に出席する事を求められたら、
日曜日教会をサボってでも行くつもりの決意を決めている。

というか私はキリスト教の連中や神学、
正確には西方教会の教理史や教義学にウンザリしているのである。
旧約/新約聖書そのものに基づく信仰は何があっても微動だにしないが、
それ以外が嫌になってしまっているのである。
おまけに日本の教会は既に2000年前のナザレ人イエスの時代と同レベルにまで腐敗が進んでいる。
昔の日本のキリスト教は外国人宣教師らから羨ましがられるほどだったものだが、
今は随分と墜ちたものである。
それで教会の連中とリアルに、あるいは2ちゃんねる上でやり合う時間すら空しい無駄に思えてくる。

宗教というのは、実は異教徒のほうが教える側にとっては素直に聞いてもらえる
というやりやすい面があることが私の強みかな?

30 :耶蘇善財:2006/12/31(日) 02:46:49
最近、お世話になった先生方やその未亡人に音沙汰無し/音信不通状態で失礼を重ねているので、
挨拶状でも書こうかと思い、まず私に洗礼した牧師先生(昭和4年生まれ)に
書き終えたあと念のためネット検索かけたら、なんと6月に急性心不全で夭折なさってることを知り、
驚き急ぎつい先ほど未亡人に書簡を出した。

その牧師先生は生前「自分の葬式は○○教会で」と言っておられたが、
私は事情があって、
「私がその教会の金輪際敷居を跨ぐことはない。したがってご葬儀には出られません」
とハッキリ口頭で申し上げている。
しかし知るのが半年も遅かったのでは言い訳無用にもほどがある。

確かにあるギリシア哲学者の先生のご病気(癌)、手術、職場復帰、定年退職、
再発とこの2年間その先生のために毎日数回祈り続けたので他の先生の健康状態を
気にかける余裕がなかったのもあるがそれでも言い訳になっていない。

本当に恐縮した一件であった。

31 :耶蘇善財:2006/12/31(日) 02:53:16
実は自分は良い先生に恵まれる幸運の元に生まれているようだが、
2000年4月にも同様のことがあった。

私が大学一年の終わり頃に弟子入りした宗教哲学者だった。
私はこの方から哲学とキリスト教のイロハを習った。
亡くなったのは2000年4月16日日曜日だった。
私はその2週間ほど前に今の(もう引退なすったU牧師)教会へ初めて行った
ばかりであった。つまり"神様からのバトンタッチ"(とある人が言った)のようなタイミングであった。

まさか今、癌の再発で、抗癌剤の副作用で苦しんでおられるギリシャ哲学者O先生と
河波先生とのことで、同じことが起こりゃせんかとつまらないことで気を揉んでいる。

32 :耶蘇善財:2007/01/01(月) 00:18:24
華厳経に命スレにも書いたことだが、
「一年の計は元旦にあり」との言葉は華厳経に関心ある者なら軽視するわけにはいかないだろう。
というわけで、小生、少々祈ったら夜更かしせずにさっさと寝て、
元旦は規則正しい一日にしたいものである。

33 :耶蘇善財:2007/01/01(月) 04:09:51
なぜか3時半頃に目が覚めてしまった。どういうことだか分からんが、
だらしなく何時までも寝ているよりも良いだろう。
せっかくだから、
「華厳経から多くの宝を読み取ることができるよう」祈ろうと思う。

34 :耶蘇善財:2007/01/02(火) 01:59:04
華厳経は手足のないダルマさんみたいなものだろう。
手足もなければ道具もない。
だがそれは読む人が自分で用意すべきものであろう。

明恵上人がその代表的人物ということに異論は少なかろうが、
では明恵上人と、空海の十住心論での華厳経の(第九段階)という位置づけ方とでは
どう違うのだろうか?素朴な疑問であるが、私個人としては明恵上人に親近感を覚える。

私は耶蘇なので"祈り"を知っている。
感覚的には華厳で豊かになった世界を祈りで実現していくという関わり方をしていく。

自分は原点が道元禅師の正法眼蔵随聞記での説教を読みふけったことなので、
「とにかく悟りを得たいという執念を持て」
「道のために全て捨てろ。他人から悪く思われるのではないかというその懸念をこそ捨てろ」
という教えに遮二無二従って生きてきたら、気付いたら聖書の奥義を垣間見るところまできた。
聖書では「ただ神と神の言葉のみを求めよ」というそれだけである。
教えはシンプル。
ただ実践は馬鹿に徹するに限る。馬鹿に徹しなければ道を究めることなんぞできない。
"馬鹿を気取ってる"だけでは駄目だ。
「もはや偉いとも凄いとも立派だとも思わない。もはやアンタのはただの馬鹿だ」
と罵られるところまで行かなければ一つの道を究めることなんぞ到底叶わぬことであろう。

35 :耶蘇善財:2007/01/02(火) 02:06:05
「ただ神と神の国とを求めよ」に訂正します。(お恥ずかしい・・・。

さて馬鹿に徹して道を求め道を歩んできたし、教える時も
「敢えて馬鹿に徹してみたらどうよ?」
と教える。
ただそれだけでは正しいとは言えても豊かとは言えない。

華厳経に対して今の私が求めるのは豊かさである。
もちろん1000ページからの旧約聖書は有機的に自在に引用できるようには素手になっている。

道を求める正しさと貧相さはもうしばらくは良いと思う。
今度は豊かさに目を向けたいのだ。
実践面ではいつも再三書いているとおり、私は祈りの鬼であって、
他人からどんなに揶揄されても私はますます祈りに励むばかりである。
学問と祈りの二本柱が自分の本業と心得ている。

36 :耶蘇善財:2007/01/02(火) 02:27:16
ごめんなさい
「ただ神の国とその義とを求めよ」でしたね。
これじゃ馬鹿でなくて単なるアフォだ・・・。

37 :耶蘇善財:2007/01/02(火) 22:45:49
ギリシャ哲学者のO先生の癌再発の件では、
今日届いた先生ご本人からの返信によるとどうも
「今度こそは死命を制せられたと観念していますが云々」
とあり、雲行きが激しく悪い。
ご本人が諦めてしまったら終わりなのに・・・。

この方は語学の天才であるが、同時に仁徳の人でもある。
71才で亡くなるにはあまりに惜しい。

自分はどういうわけか大事な先生を一人失うと、代わりに別に先生が与えられてきた。
しかも常に一級の人物ばかりである。
またこのパターンになるのか???私は嫌だよ・・・。

38 :耶蘇善財:2007/01/06(土) 19:04:27
先ほど河波先生宅を訪問して良いというアポイントを取り付けた。
具体的な日時も決まった。
いやぁ、郵便受けを見たときゾクゾクしましたねえ。
私は哲学屋ですが、キリスト教寄りなんで仏教学を修めたと言い得る人物が全くいない。
これは困ったことだと思ってましたが、ヤスパース協会で以前から河波先生に目を付けていたんですね。
1996年大会での講演者だったので。

仏教には素人で、高校時代に禅宗系の学校に通ってた程度。
高校生用の教材程度しか知らないわけです。

・・・>>31(2週間と書いたが一週間の誤り)でのことと同じことが起こりはしないかと
懸念している。
私はこの人生で第一級の人物の最も老成した人物にばかり師事してきたが、
神が私に要求する代償もまた大きいものである(現在進行形)。

一人先生を失うと即座に別の先生が天から与えられるのは、
第三者から見れば幸せに見えるかもしれない。
だが当人としては大変複雑な心境である。

39 :耶蘇善財:2007/01/06(土) 19:09:00
「キリスト教寄りなんで仏教学を修めたと言い得る人物が全くいない。 」
→「仏教学を修めた人物が知り合いに全くいない」に訂正します。


余談ですが、自分は旧約含め聖書には自信がありますが、
神学(プロテスタント神学)は嫌いです。
H先生が「神学という泥沼」という表現を使っておられましたが、言い得て妙かと思います。
(なお当方は、カトリック神学は全く知らない。東方教会(ロシア正教・ギリシャ正教)のことは欠片も知らない)。

40 :耶蘇善財:2007/01/07(日) 11:56:51
さあさっさと華厳経の概説書を読まなければ・・・。

それにしても法華経ってなんか付き合い辛いですね。
法華経に「常不軽菩薩品第二十」というのがありますが、
解説を読んでると「この常不軽こそ誰あらん、今の釈迦牟尼仏である」というくだりで驚いたが、
それのみならず、「「折伏逆化」で日蓮が下種の折伏を以て弘教の方針とした」と
岩波文庫版の解説にはあるので考え込んでしまった。

聖書にも御名の故に憎まれるというのがあるが、それは当人も逃れられない事態であるのに対して、
常不軽菩薩なり日蓮の下種の折伏なりのやり方は、自分で控えようと思えば出来る行為であった。
そこが私の思想と違うのでどうもシックリ来ない。

41 :耶蘇善財:2007/01/08(月) 19:42:24
教養の裾野の広さというのは、昔はまず概説書の他に用語辞典、大事典類を買ってくることからすべてが始まった。
つまり買った大事典の種類と数によって教養の裾野の広さが制約されるのである。

ところが今はインターネットで簡単に検索かけてWikipediaの該当項目と
そこからのリンクをたどって広げて読めば、それ相応に分かるようになるから様変わりといえよう。


気功だって昔は一子相伝だったりしたものが簡単に本で読めたり、教室に通うことで習うことができるようになっている。
神・仏・神秘の領域と思われていたことも実は「気」の力が正体であることも判明している。
密教・道教・古神道の行法は気功経験者から見れば気功そのものなのである。
トホカミエミタメ等見れば気功以外の何者でもない。

恐ろしい時代だとも思うがともかく、この時代に生まれた幸運を最大限に生かしたいものである。

42 :耶蘇善財:2007/01/09(火) 02:17:43
この数ヶ月大変困っていることがある。
それは去年夏から家庭の事情で一人暮らしを始めたが、
せっかくの機会なので、飢えと寒さに強い身体を作るようにした。
具体的には(5年前少し前に)タバコをやめて以来実家でも自室で暖房をつけたことがない。
これを拡張して、今の一人暮らしでは、来客がある時以外は一切暖房を使わない。
禅寺でストーブに当たってぬくぬくしている雲水が登場する時代になったら私も暖房を使おう。

さて次に粗食を心がけ、身体が慣れてしまった。
するとたまに栄養価やカロリーの高いものを食べると、それがそのまま体脂肪になってしまうのである。
最近数ヶ月で重数キロも太ってしまって大変困っている。

そこで数日前からより一層の粗食にしてみた。
一日で野菜ジュースと竹輪だけの日とか、
多くて自家製発酵乳や蕎麦一把(乾燥重量100g)をそれに加えたりする程度にしてみた。
それでも一向に辛くないし、何より痩せる気配もない。

仮にも宗教研究者なのだから仙人みたいな身体になれるのも面白いかもしれないが、
私だってたまには駄菓子を食べる。カップ焼きそばや、ポテトチップスやピザなども
好きだし食いたい。
しかし食えばテキメンに太るのである。困ったものだ。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)